VIO脱毛ってどんな体勢でやるの?施術時の気になる脱毛のこと

露出を控えるように配慮しているVIOラインの施術


処理をすることで下着の中の蒸れが気にならなくなったり、生理時や排泄時に汚れが付きにくくなるなど衛生面でも多くのメリットがある脱毛サロンでのVIOラインの施術ですが、羞恥心が先立って利用を躊躇してしまうというかたは少なくありません。
ですが、その辺りはサロンのスタッフもきちんと配慮しており、紙パンツに穿き替えたりタオルを巻いた状態で、光を照射する部位だけを肌蹴させながら施術を進めていきます。
性器に近すぎる部位に関しては安全上で施術ができませんので、照射の際に人目に晒される可能性も低いため安心です。

寝そべった状態で行うVラインの照射

Vラインの施術の場合には、基本的にベッドの上に仰向けに寝そべり足を閉じた状態で照射が行なわれます。
サロンで支給される紙パンツに穿き替えているのであれば、足の付け根から少しずつパンツを中央部に寄せていくように露出をし、Vライン上部の施術を行う場合にはパンツを下にずらしても施術をしてきます。
タオルやガウンを利用している場合にも同様に、下半身全てが晒されないように気をつけながらの照射です。
毛を残さずにVライン全体を脱毛する際にも、やはり照射するところだけを露出しながらの施術になりますので、口コミでも思ったよりも恥ずかしくなかったという感じる女性が多く見られます。

片側ずつ露出していくIラインの施術

Iラインの施術の際にはVライン同様にベッドの上で仰向けになった状態で行われますが、奥まった部分にあるために足を広げる必要が出てきます。
施術をするほうの足の膝を立て、外側に開いて倒した状態で施術するのが一般的で、一度に両方の足の開く開脚状態になることはありません。
この格好でパンツやタオルをずらしながら照射が行われますが、やはり性器がスタッフの目前に晒されないように大切な部分を隠しながら施術していくことになります。
痛みを感じやすい部位ですので、照射の際に違和感を覚えたら早めにスタッフに伝えるようにしてください。

サロンによって違いがあるOラインの施術

肛門周辺の施術になりますので、基本はうつ伏せで施術が行われます。
照射のしかたとしては主に3つの方法があり、まずベッドにうつ伏せの状態になってお尻のお肉を持ち上げて割れ目を広げていきながらの照射、横向きになり上の足をくの字に曲げてからさらにお肉を持ち上げながらの照射、それから足を軽く広げた四つんばいでの照射です。
施術は2人がかりで行われるのが一般的で、1人のスタッフがお尻を広げて、もう1人のスタッフが照射を行うという進めかたになります。
VIOラインの中でも最も羞恥心を覚えやすいとされていますが、照射面積自体が小さいため施術時間は短めです。

関連記事: