脱毛する部位で違う?脱毛の時の痛みについて

脱毛時に感じる痛みは、毛の状態によって様々

脱毛サロンと聞くと現代女性には馴染み深く、昔と違って今では誰でもお得に通えるようになりました。綺麗になるのは女性にとって嬉しいことですが、同時に脱毛の施術時の痛みに対して悩みを抱えている方は少なくありません。基本的に、私達日本人には黒いものに反応するタイプの脱毛器具を使用しますので、毛量が多かったり毛の太い状態ですと脱毛器具が反応し、毛が薄い人よりも濃い人の方が当然痛みも強くなります。毛の濃さや太さには個人差がありますので、一つの毛穴から毛が複数生えていたり、太く丈夫な毛と様々ですから、それによって痛みの感じ方にも差は出てきます。

保湿は脱毛に欠かせないケアです

脱毛を経験されると施術者の方から、施術後は赤みが引くまで冷やすようにしてください、又は熱い湯船に入るのは控えてくださいと注意を受けることがあります。それらともう一つ重要な事、保湿をしてくださいと言われます。実際これは非常に重要で、後々の脱毛がうまくいくかにかかってくる問題ですので、特に気をつけたい点です。何故保湿が大事かというと、脱毛後の肌は施術時の機械の熱で肌表面がとても乾燥し、敏感になっています。これにより、肌が通常より弱るため、少しの刺激で色素沈着や皮膚の炎症が起きやすくなっています。また気づかない内に乾燥していて、その状態で脱毛をすると、より痛みが強くなってしまうと施術をする方が述べていました。肌トラブルが起きている状態で脱毛を受ける事はできませんので、定期的にスムーズに通い、脱毛回数を小まめに重ねるためにも保湿には気を配りましょう。

脱毛成功のために、毛抜きは絶対にNG

筆者は以前脇の毛を毛抜きで処理をしていた経験がありまして、そのため脇の毛が丈夫になってしまい、脱毛回数がかなり掛かってしまいました。脇以外も脱毛していましたが、脇の脱毛時の痛みが一番強く感じていました。どうやら毛抜きで毛を抜く事で、更に強く太く生えようと毛の組織が反応してしまうので、太くなった挙句に脱毛器具が強く反応してしまい、より強い痛みを感じていたようです。毛抜きを使用する事は施術時の痛みを増幅させ、後々の脱毛計画に支障をきたしてしまいますので必ず控えましょう。

誰もが気になるVIO脱毛の痛みについて

VIO脱毛と聞くと興味はあるけれど、痛みが強そうで挑戦するのに躊躇いを感じてしまう方が多いのではないでしょうか。個人の脱毛で一番苦労し、敏感な場所ゆえ肌トラブルになりやすい部位でもあります。VIO脱毛の経験がある私自身の話ですが、部位によってはかなり差があります。VとIラインに関してはそれ程痛みを感じず、施術中もリラックスして受けられた程ですが、Oラインの脱毛を一番初めに受けた時は痛みに驚愕しました。施術スタッフの方に心配されるほど驚いてしまったのですが、スタッフの方曰く、個人差はありますが、一番痛いとの意見が多い部位はIラインとOラインだそうです。下着の摩擦を受けやすく、色素沈着になり易いため、黒いものに反応する脱毛器具の影響を強く受け易いようです。初めは痛みでその後の脱毛を不安に感じましたが、回数を重ねれば毛も薄くなるので段々と痛みは減って行き、今では良い経験だったと思えるほどです。

関連記事: